ダイエットと脳の満腹中枢の関係 - 骨盤ダイエットの効果のほどは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットと脳の満腹中枢の関係

ダイエットと脳の満腹中枢は、密接な関係があるとよく話題でとりざたされます。

よく早食いの人ほど大食いとか言われていますが

早食いの人ほど食べ物を噛む回数が少ないですよね。

これは、脳の満腹中枢に関係しているそうです。

満腹中枢が「お腹おいっぱい!」と判断する基準は、実際に食べた量より噛んだ回数を参考にしているそうです。

ですので、噛む回数の少ない早食いの人は、大食いということもうなずけます。

逆にいいますと、噛む回数を多くすることで満腹中枢に「満腹」と判断させることもできるわけです。


しかし、満腹中枢を騙すことで生活に必要とされるカロリーを摂取できなくなる可能性もあります。

人の体には自己防衛本能があり、通常消費されるカロリーよりも摂取カロリーが少なくなると一定期間カロリー消費が少なくなってしまいます。

カロリーが消費されないこの状態…

ダイエットによくあるいわゆる「停滞期」という事になります。

ですが、もし仮にこの停滞期に入ったとしても新陳代謝を活発にして消費カロリーを向上させることは可能です。

その方法が「骨盤ダイエット」です。

骨盤を矯正することにより消費カロリーを上げることができます。

脳を騙すより健康的にダイエットができます。
関連記事
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。